ニュース

弥谷麻衣子さんは極度の潔癖症で強迫性障害だった?性格が悪くて浮気願望があった噂は本当?

2018年7月18日に元エリート銀行員である弥谷鷹仁被告が、妻の麻衣子さんを母親である恵美被告と共に殺害した事件の判決結果を決める裁判を本日(2019年5月31日)行いました。

最初は弥谷鷹仁被告がマザコンで、母親である恵美被告は子離れできていないなどと言ったコメントが相次いでいましたが、ネットの声が少しずつ変化しています。

そこで今回は、亡くなられた弥谷麻衣子さんが極度の潔癖症や強迫性障害についてと噂されている出来事をまとめました。是非最後までご覧ください。

弥谷鷹仁と母親の恵美初公判と判決結果がどうなるか気になる!勤務先の銀行と弟が社長って本当?2018年7月18日に元銀行員である弥谷鷹仁被告が、妻の麻衣子さんを母親である恵美被告と共に殺害した事件の初公判が本日(2019年5月2...
弥谷鷹仁(元エリート銀行員)と母親恵美被告の判決結果は?求刑と裁判時の証人尋問が気になる!2018年7月18日に元エリート銀行員である弥谷鷹仁被告が、妻の麻衣子さんを母親である恵美被告と共に殺害した事件の判決結果を決める裁判を...
弥谷麻衣子さんの病「強迫性障害」とはどんな病気?潔癖ルールと幼児虐待の驚愕内容がこちら2018年7月18日に元エリート銀行員である弥谷鷹仁被告が、妻の麻衣子さんを母親である恵美被告と共に殺害した事件の判決結果を決める裁判を...

弥谷鷹仁被告と弥谷恵美被告の初公判について

 昨年7月、千葉県柏市の弥谷(やたに)麻衣子さん=当時(30)=の遺体が茨城県取手市の夫の実家で見つかった事件で、殺人罪などに問われた夫で元銀行員の鷹仁(たかひと)被告(37)と、殺人幇助罪などに問われた義母の恵美被告(64)に対する裁判員裁判の初公判が22日、千葉地裁(岡部豪裁判長)で開かれた。鷹仁被告は起訴内容を認めたが、恵美被告は「殺人の幇助はしていません」と容疑を一部否認した。

検察側は冒頭陳述で、「恵美被告は(息子の鷹仁被告が)麻衣子さんを殺害するつもりがあることを認識した上で、遺体を埋める穴をともに掘るなど、役立つ行動をしている」と指摘した。

一方、弁護側は、「恵美被告は、麻衣子さんの殺害に反対したが、鷹仁被告に聞き入れてもらえず、気持ちをなだめるために鷹仁被告の要求に応じた」と殺人幇助については無罪を主張した。鷹仁被告についても、「麻衣子さんは暴力をふるったり、1歳の長女にも危害を加えたりしており、麻衣子さんを殺害するしかないと考えた」と述べ、情状酌量を求めた。

起訴状によると、鷹仁被告は昨年3月4日、麻衣子さんに睡眠導入剤入りのカレーを食べさせた上で首を絞めて殺害し、取手市の実家の庭に恵美被告とあらかじめ掘った穴に麻衣子さんの遺体を埋めたとしている。

産経新聞

弥谷鷹仁被告と弥谷恵美被告の判決結果について

 千葉県柏市の弥谷麻衣子さん=当時(30)=の遺体が夫の実家敷地内に埋められた事件で、殺人などの罪に問われた夫で元銀行員、弥谷鷹仁被告(37)と、殺人ほう助などの罪に問われた母親で無職、弥谷恵美被告(64)=茨城県取手市井野台4=の裁判員裁判の第6回公判が31日、千葉地裁(岡部豪裁判長)で開かれた。検察側は鷹仁被告に「強固な殺意があった」と懲役17年、恵美被告には「殺害の手助けの程度が極めて高い」と懲役6年を求刑。両被告の弁護側はいずれも執行猶予付き判決を求めた。判決は12日。

検察側は両被告に対して「行方不明を装い完全犯罪をもくろんでおり、家族間の殺人では極めて悪質」と非難。鷹仁被告には「麻衣子さんの言動に苦しんでいたとしても、ほかの手段を十分に尽くさず、殺害の動機は短絡的で身勝手」と批判した。恵美被告へは「犯罪に不可欠な穴を掘る場所を提供し、道具を用意した」と指摘。「唯一止められる立場だったのに行動しなかった」とも述べた。

鷹仁被告の弁護側は、麻衣子さんから激しい暴力や暴言があったと説明。子どももベッドに投げつけており、「早く殺さないと子どもが殺される」と切迫した感情だったとした。

また、家庭内暴力を受け逃げ出せない状況にあり、精神的に追い込まれうつ病だったと主張。殺人以外に現実的な選択の余地がないと思い込み、「介護疲れによる殺人と全く同じ構図だった」とも訴えた。

恵美被告の弁護側は「鷹仁被告が殺害するとは思っていなかった」として殺人ほう助罪は無罪と主張。「殺害を容認する動機もなかった」とした。

被害者遺族として麻衣子さんの両親と妹が意見陳述。妹は「両親は高齢なので(麻衣子さんの子どもを)私が育てていこうと決めた。ただ、どうすれば素直で強い子に育てられるか分からない」と涙を流した。

起訴状によると、鷹仁被告は昨年3月4日午後2時半ごろ、自宅で睡眠導入剤を混ぜたカレーライスを妻に食べさせ、同4時半~5時までの間に柏市内の路上に止めた乗用車内で首を両手などで絞めて殺害。恵美被告と共謀し、同7時50分ごろ、実家敷地内に事前に掘っておいた穴に妻の遺体を埋めて遺棄したとしている。

弥谷鷹仁被告(息子):懲役17年

弥谷恵美被告(母親):懲役6年

5月31日に求刑されましたが、弥谷鷹仁被告と母親の恵美被告の弁護士は執行猶予付きの判決を求めています。この判決が下るのは6月12日を予定しているとのことでした。

執行猶予を求めている理由は、妻の麻衣子さんから精神的に追い込まれてうつ病になり「介護疲れによる殺人と全く同じ構図だった」ことからのようです。




弥谷麻衣子さんのプロフィール

名前 弥谷麻衣子 (やたに まいこ)
旧姓 西田麻衣子 (にしだ まいこ)
没年齢 30歳
血液型 AB型
在住 千葉県柏市南
出身校 千葉県立柏高等学校
最終学歴 東京女子大学

弥谷麻衣子さんは潔癖症で強迫性障害だった?

今回の件で、 弥谷鷹仁被告の妻である弥谷麻衣子さんは潔癖症であり、2018年5月から精神科病院へ通っていたことがニュースで報道されています。この精神疾患の症状が「強迫性障害」と「極度の潔癖症」と言われています。

<麻衣子さんの“潔癖ルール”について>
・わりばしで電気をつける
・ゴミ箱、トイレ、ドアノブを触る際はポリ手袋を使用
・ビジネスバッグを触ってから食器棚に触れた際、食器棚を30分以上拭かされ会社に遅刻

FNN.jpより一部抜粋

弥谷鷹仁被告が麻衣子さんの行動からうつ病になってしまったとニュースで報道されていました。その理由は下記のようです。

  • 潔癖ルールが激しい
  • 夫の会社への執拗な電話(娘を見るのが嫌だ等の理由)
  • 娘に怒鳴ったり、ベッドに叩きつけたり虐待疑惑
  • 被告が離婚を申し出た際、娘を抱いて飛び降り自殺をしようとした
  • 麻衣子さんの精神疾患を理由に入院を希望したが、病院に断られた
  • DVが酷く麻衣子さんに100回以上叩かれ、土下座させられた

もちろん、これが人を殺めて良い理由にはなりませんが、この発言が嘘ではないと思われる理由は下記の通りです。

 母親は、出産後に精神疾患の症状が強まり子育てに困る麻衣子さんを支えようと、2017年3月から鷹仁被告が働く平日に夫妻が住むマンションに何度も足を運んだ。「(麻衣子さんは)早産だったことを気にし、潔癖症も相まって1年以上子どもを外に出せなかった」と苦しんでいた様子を説明した。

麻衣子さんは同年5月から精神科病院に通い薬の服用を始めたという。母親は「秋頃から体調が良くなってきて、2人目の子どもが欲しいと話していた」と述べ、娘の望みが断たれたことを悔やんだ。

千葉日報より一部抜粋

麻衣子さんの母親が「出産後に精神疾患の症状が強まり子育てに困る麻衣子さんを支えようと」と言っていることからも、麻衣子さんは子育てが出来る精神状態では無かったことが伺えます。

死人に口なしなので、弥谷鷹仁被告が誇張しているかどうかまでは分かりませんが、弥谷鷹仁被告が麻衣子さんの精神状態につられてうつ病になってしまった可能性は考えられると思います。実際Yahooニュースではこのようなコメントがありました。

これリアルで見てたけど、死人に口無しではあるけど、まんざらの嘘とは思えないような供述だったけど。

妻の潔癖症は、この話が本当だとするとかなり異常な精神障害だと思う。
子供と三人で帰宅したとき、まず子供を段ボールに入れ、旦那が先に風呂に入り綺麗にしてから出たら、次は妻が風呂。その間は子供が暴れないように段ボールの中に押さえつけてないとならなかったとか。
家のなかでビニール手袋を使わないとトイレ浴室全てののドアノブも触ってはならないとか、電気は割り箸でつけないと怒られるとか。

それして、万が一それをしなかったら、消毒のために、30分もゴム手袋して消毒をさせられ仕事にも遅刻したとか。

これ完全に病気でしょう。
聞いてて驚き三昧だったよ。
離婚しようと話したときには、小友を連れてマンションの屋上に行き飛び降りるとか騒いだとかで離婚も言えなくなったとか。

妻もおかしいし、旦那の実家も変!

この話が本当だとしたらかなり追い詰められていたと思う。そんな中で「他にも方法があったんじゃない」って言うてる方がいますがそれをゆうのは僕は疑問に思います。別にこの事件を肯定してるわけではないが追い詰められた時に冷静になれない人もいてます。

全員が冷静に判断できるなら事件、事故は少なくなると思います。そして何なら子を守ろうと離婚をきりだしてその結果自殺されそうになって踏みとどまった。少なからず加害者は自分で考えアクションを起こしています。自分がこの状況下に置かれてないのでわからないけど殺害する事も考えてしまうかも知れない。

やってはいけないとわかっていますが。他にも方法があったのでわ?って言うてる方は客観的且つ自分が経験したことないから言えるだけで結局の所他人事と思ってるんでしょうね。

 

かなり具体的だし、会社に遅刻してるとかあるのならすぐに本当の話かどうか分かりそう。本当だとして、この妻は異常だし、話し合うとかそんな簡単なことで解決しないのは明らか。どこかに逃げたところで、仕事がある男性はできることが限られる。もし連れ出した後、仕事中に異常妻が連れ戻して親子で自殺などされたら、と考えてしまうと思う。

離婚したら自分だけは逃げられるけど、子供は…と思ったら離婚も出来ない。

この男性は、奥さんを嫌ってはいないようだし、だからこそ苦しんだと思う。女性からのDVって結構あるようだけど、表沙汰にされない。女性は守られているけど、今の時代、男性は守られていない気がする。相談をあまりしない男性たちが、どこかに相談できるような世の中になればいいなと思う。

弥谷鷹仁被告は麻衣子さんの首を絞めて殺害する際、麻衣子さんが「苦しい」といった言葉が頭を離れないと言っていました。好きで結婚した相手を殺さなくてはいけない程、弥谷鷹仁被告は追い詰められていたという考え方も出来る気がします。

弥谷鷹仁被告が麻衣子さんを殺害する前に相談できる機関があれば良かったと言う声や、女性のDVについての相談所があると良いとのコメントも目立っています。




弥谷麻衣子さんは性格が悪くて浮気願望があった?

弥谷麻衣子さんの名前を検索するとキーワードに「性格が悪い」「浮気願望」といったワードがありました。亡くなってしまった方のことを悪く言うのは良くないので、どうしてそのような言葉が出てきたのだろう?と思い調べた結果がこちらです↓

性格が悪いと言われる理由について

麻衣子さんが2012年の9月13日に弥谷鷹仁被告から誕生日プレゼントを貰ったと自身のFacebookで写真付きで紹介しています。そこに「思ってたより出来るなと思った」と上から目線のコメントを添えていました。

誕生日プレゼントを好意でくれた旦那に対して、言葉が悪いとネットでは話題となったようです。また、下記のような内容もありました。

専業主婦である麻衣子さんが、子供と常にいるとイライラしてしまう理由から保育園を探す決心をしたようです。その際、隣で気持ち良く寝ている旦那にイライラしてしまうと書かれていました。

この発言も印象が良くなかったようで、これらのことから麻衣子さんは性格が悪いのではないかといった情報が流れたようです。

浮気願望があったかどうか

真相は不明ですが、 弥谷麻衣子さんのFacebookで「合コンがしたい」「名古屋のイケメン紹介して」などとコメントをしていたようですね。もしかしたら、ストレスが溜まって書いただけの事かも知れませんが、これが浮気願望だったのではないかと言われています。

更に、Facebookの投稿内容を遺族の方が削除したことから、後ろめたい内容なのだろうとのコメントもありました。




ネットの声

まとめ

いかがでしたか。今回は、亡くなられた弥谷麻衣子さんが極度の潔癖症や強迫性障害についてと噂されている出来事をまとめました。最後までお読み頂きありがとうございました。

弥谷鷹仁と母親の恵美初公判と判決結果がどうなるか気になる!勤務先の銀行と弟が社長って本当?2018年7月18日に元銀行員である弥谷鷹仁被告が、妻の麻衣子さんを母親である恵美被告と共に殺害した事件の初公判が本日(2019年5月2...
弥谷鷹仁(元エリート銀行員)と母親恵美被告の判決結果は?求刑と裁判時の証人尋問が気になる!2018年7月18日に元エリート銀行員である弥谷鷹仁被告が、妻の麻衣子さんを母親である恵美被告と共に殺害した事件の判決結果を決める裁判を...
弥谷麻衣子さんの病「強迫性障害」とはどんな病気?潔癖ルールと幼児虐待の驚愕内容がこちら2018年7月18日に元エリート銀行員である弥谷鷹仁被告が、妻の麻衣子さんを母親である恵美被告と共に殺害した事件の判決結果を決める裁判を...