芸能人・タレント

マックボンボンの井山淳の現在の職業と当時失踪後はどこへ行った?解散理由と志村けんとの関係も

2019年7月31日(水)19時00分~20時54分に「あいつ今何してる?志村けんが恋した美女&幻の元相方と約50年ぶり感動再会2時間SP」が放送されます。

そこで志村けんさんがドリフターズ加入前に「マックボンボン」というコンビを結成していたと話しています。

そこで今回は、マックボンボンの井山淳さんの現在の職業と当時失踪後どこへ行ったかや解散理由と志村けんさんとの関係をまとめました。是非最後までご覧ください!

あいつ今何してる?で志村けんさん特集か!

当時はちょっかいばかり出して、告白などは一切できなかったという…彼女は志村のことをどう思っていたのか?約50年ぶりに直撃するとまさかの答えが!

ドリフターズ加入前、実はマックボンボンというコンビを結成し、レギュラー番組も持っていた志村。その“幻の相方”は、5歳年上で、志村と同じくいかりや長介に弟子入りを直談判してドリフターズの付き人になった井山淳という男性。

ある日突然「俺もう無理だ…」と芸能界から去ってしまったという井山。しかし今回約45年ぶりに奇跡の再会!彼はいったい今、どこで何を?さらに当時言えなかった志村への思いを告白し、志村けん感動…!さらに風呂無しアパートで共同生活していた元相方・井山と通い詰めていた思い出の銭湯&女将さんは今?大捜索の末、奇跡の再会を果たし、ブレイク前夜の志村の知られざる素顔が明らかに!

あいつ今何してる?より




井山淳さんのプロフィールと現在の職業

名前 井山淳(いやまじゅん)
生年月日 1945年?月?日
年齢 74歳(2019年現在)
出身地 北海道富良野市
現住所 神奈川県伊勢原市
学歴 不明
職歴 芸人・銀行員・タクシードライバー・交通指導員

井山淳さんは中学校3年生の時にお笑い芸人に憧れましたが、一度は地元の信用金庫に就職します。しかしお笑いへの夢を捨てきれなかった井山さんは22歳の頃に東京へ上京。

今ではあり得ませんが当時は雑誌などに芸能人の自宅住所が書いてあったそうで、つてもないまま「いかりや長介さん」の自宅を訪ね直談判。こうして1969年頃にいかりや長介さんの弟子となりザ・ドリフターズの付き人となります。(その時の芸名は「いやま淳」でした。)

そして、1971年に同じくザ・ドリフターズの付き人だった志村けんさんと一緒に「チャーミングコンビ」を結成しましたが、いかりや長介さんからのアドバイスの元「マックボンボン」というコンビ名に改名してデビューを果たします。

当時は体を張ったネタが大うけし、小柳ルミ子、天地真理、森進一、沢田研二などの有名な芸能人の前座を任されるようになりました。

 

井山淳さんは北海道富良野市から上京をしてきてザ・ドリフターズの付き人+マックボンボンで頑張っていましたが、28歳の時にお笑いを諦めることに。お笑いを諦めた理由は、厳しいお笑いの世界を続けていく自信がなくなったとのことでした。

志村けんさんがあまりに才能があったから「自分はこれではご飯が食べられない」と思ってしまったそうです。そして井山さんはテレビの世界から離れました。




志村けんさんとの関係と解散理由について

志村けんさんとの関係について

志村けんさんと井山淳さんが出会ったのはザ・ドリフターズのいかりや長介さんに互いが弟子入り志願したことから始まります。

いかりや長介さんからの指示のもと、弟子入りを希望した2人は付き人として2人で共同生活を始めます。志村けんさんが18歳で井山淳さんが23歳の事です。

 

ザ・ドリフターズが売れる前から付き人をしている2人でしたがその生活は過酷そのものだったようです。

人気が出る前のドリフターズは、ジャズ喫茶での仕事が多かった様子。テレビは「あなたの番です!」1本のみでそれ以外は昼も夜もジャズ喫茶。

ドリフターズといえばバンドを行うお笑い芸人ですから、楽器が常に必要です。その楽器運びを行っていたのが志村けんさんと井山淳さんだったんですね。ドリフターズのメンバーが電車で公演場所まで行くのに対して、2人は楽器と共に車で移動していたようです。

 

そんな過酷な付き人の仕事をともに乗り越えるべく汗を流していた2人。

志村けんさんは井山淳さんとの付き合いは「家族のようだった」と語っています。それもそのはず、2人はブレイクを夢見ながら一緒にお風呂に行ったり、飲みに行ったり常に一緒に行動していたことにあるそうですよ。

そして「8時だヨ!全員集合!」がテレビで始まり、ザ・ドリフターズが人気になった頃どちらかが言い出したわけでもなく2人はコンビを組み「マックボンボン」が誕生しました。

解散理由について

志村けんさんが21歳で井山淳さんが26歳の頃「マックボンボン」を結成しました。

そして結成してすぐにレギュラー番組を持つ程に。いかりや長介さんが「同じネタはやるなよ」という言いつけから20~25分位のネタを7~8本は持っていたのに、切り売りしているうちにストックが無くなってしまう状態になってしまいました。

そこで志村けんさんがネタを作ろうと練習しても井山淳さんが付いてくることが出来なかったようです。志村けんさんが良くしたい一心で声をかけても「ついていけねぇや…」となってしまいお笑いの道を諦めてしまったようですね。

 

志村けんさんは昔から実力もあったようなので、お笑いの天才の近くにいたら、くすぶっている状況が長く続けば続くだけ自信が無くなってしまうのも分かる気がします。マックボンボンが解散後は志村けんさんが24歳でザ・ドリフターズの正式メンバーに。

それを見た井山さんは「俺が居なくてよかった(志村けんさんが飯を食えるようになって良かった)」と思ったそうですよ。そんな井山さんも今ではお孫さんもいるおじいちゃん。幸せそうだったので安心しました!




井山淳さんは失踪後どこへ行った?

井山淳さんはマックボンボンを解散後、志村けんさんと音信不通になっていたようです。それを今回46年ぶりに志村けんさんへの思いと共に語っていました。

お笑いを離れた後に浅草の信用金庫に33歳まで勤め、その後はタクシーの運転手と屋根瓦職人などを経験したそうです。

そんな井山さん、今はシルバー派遣を通して小学生の安全を図る交通指導員をしているようです。交通指導員は人の為になるお仕事。お笑いとどことなく通じている様な気がしますよね!

今回志村けんさんへ伝えた言葉は「よく頑張った」でした。下積み時代や苦しい時代をともに乗り越えた同志として語った一言は短いながらも深い言葉でした。それを聞いた志村けんさんは、涙を潤ませていましたね…とっても感動的な一面でしたよ。

更にはテレビで見てるからシッカリ!ということとお互い長生きしましょうねとまとめていました。




まとめ

いかがでしたか。今回はマックボンボンの井山淳さんの現在の職業と当時失踪後どこへ行ったかや解散理由と志村けんさんとの関係をまとめました。最後までお読み頂きありがとうございました!

error: Content is protected !!