ニュース

小和田恆(雅子様のお父様)は現在介護?韓国朝鮮関係や左翼思想・家系図についても調査

2019年5月1日に新元号となる「令和」になり、皇后雅子様が注目を浴びています。そこで気になるのが雅子様の父親である「小和田恒」について調べました。

そこで今回は、雅子様の父親の小和田恒のプロフィールや現在の状況、検索ワードで出てきた「韓国朝鮮関係」や「左翼思想」についても細かく調査。是非最後間でお読みください。それでは早速行ってみましょう!

小和田恒氏のプロフィールについて

名前 小和田恆(おわだひさし)
生年月日 1932年9月18日
年齢 86歳(2019年5月現在)
出身 新潟県
出身校 東京大学・ケンブリッジ大学大学院・早稲田大学名誉博士
職業 外交官

小和田恒氏は現在86歳で、輝かしい経歴をお持ちの方です。詳しくはこちらをご覧ください。

小和田恒氏は現在介護を受けているのか

いずれも80歳以上の両陛下と小和田夫妻。否応なく体力も低下してくる年齢のため、住まいの準備は万全に整えているようだ。そんな折、7月2日に、陛下が脳貧血をもよおされ、3日間、ご公務を休まれた。

雅子さまの父親・恒さんは陛下よりもさらに1歳年上だ。’08年には一部週刊誌が、軽い脳梗塞で倒れていたと報じた。’09年と’10年には、2年連続でバイパス手術を受けるために入院していて、体調に不安を抱えている。雅子さまは、もし恒さんが病に伏すようなことがあれば、すぐにでも駆けつけたいはず――。そう語るのは皇室ジャーナリスト。

「雅子さまがお小さいころから、小和田家は外交官である恒さんに辞令が下るたび、世界各国の赴任先に一家で引っ越していきました。そのため、支え合ってきた一家は強い絆で結ばれています。そのぶん、日本には頼れるお知り合いが少ない小和田夫妻ですから、雅子さまの支えがあれば何よりうれしいことでしょう」

80代半ばにさしかかり、ともに健康不安を抱える天皇陛下と恒さん。近い将来、雅子さまは“W介護”問題に直面される。 高齢者医療に詳しい楢林神経内科クリニック院長の楢林洋介さんは、こう話す。

「高齢者の方は、家に引きこもって、必要以上に安静にしている人ほど、老化が早くなるのです。いつまでも元気でいるためには、人との付き合いをして“社会的生活”を続けていくことが肝要です。ご親族の関わりも、とても大切です。高齢者は同じことを何度も話すことがありますが、そういったときにもしっかり聞いてあげて、会話することが大事なのです」

しかし、小和田家に戻られてつきっきりの看病や介護をされるのは不可能に近いというのは宮内庁関係者だ。

女性自身より一部抜粋

現在介護を受けているかについては定かではありませんが、過去に小和田恒氏は「脳梗塞」になってしまったことを女性自身が報じています。86歳というご年齢からも、介護を受けていてもおかしくないと思います。

とはいえ、皇后雅子様が介護するとは考えにくいでしょう。これからお忙しくなることも考えると、どなたかが介護を引き受けるのではないかと推測します。しかし、出来る限りのことは行うかも知れませんね。




小和田恒氏の韓国朝鮮関係と左翼思想について

皇后雅子様のお父様の「小和田恒氏」で調べると検索キーワードに「韓国」「朝鮮」「左翼思想」といった内容が出てきました。どうしてこのようなキーワードが出てくるのか気になったので調べてみました。

意見は賛否両論で、実際のところは不明瞭ですが、偏った考え方と思わせてしまう部分があるように思えます。その結果が検索キーワードの結果でしょう。(詳しいことは分かりませんでした。)




小和田恒氏の家系図について


小和田恒氏の気になる家系図はこちらになります。家系図を見る限り、小和田恒氏は8人兄弟で末っ子のようですね。小和田恒氏の子供である雅子様は3姉妹の一番年上(長女)ということが分かります。

まとめ

いかがでしたか。今回は皇后雅子様のお父様の「小和田恒」についてまとめました。輝かしい経歴に、気になる検索キーワードと興味深い方ですね。最後までお読み頂きありがとうございました!